2012年3月11日(Sun.)
岡山市街にて連携開催



タイムテーブル(予定)

下石井公園
(西川アイプラザ前)【map】

10:00〜16:00 有機生活マーケット
11:30〜12:00 献花式典
12:30〜 サイレントパレード

石山公園
(城下筋)【map】
14:00〜16:00 パレード到着後
トーク&ライブ

さん太ホール
(市役所筋)【map】
17:00〜 キャンドルナイト&コンサート

山陽新聞社20Fレストラン
(市役所筋)【map】
19:00〜23:00 アフターパーティ






TwitterfaceBook


日本語/English

TOP | いち@311について | 有機生活マーケット | 献花式典 | サイレントパレード | 関連イベント
地球が回転する音・シューマン共鳴サウンド | アートインスタレーション | アフターパーティ
メッセージ:沈黙の儀式について/黒田晶 | プレスリリース(日本語)| Press Release (English) |
協賛団体 | お問い合わせ | 「いち」ウェブサイト

ストリーミング配信は2012.3.11.10:00から


シューマン共鳴サウンド

「いち@311」は「311への祈り」「言葉を超えた調和」「311後の世界への希望」という3つのコンセプトを軸として企画されました。そしてこれらコンセプトを体感する、地球の自転によって発生している音(シューマン共鳴波:Wikipedia)をベースにしたオリジナルのテーマ曲が制作され、献花式典サイレントパレードで奏でられるほか、アンチコピーライト楽曲(著作権を放棄し私用・商用問わず自由にお使いいただける楽曲)としてインターネット上に公開されています。

 
サイレントパレード

オリジナルテーマ曲「Inori Eclipse 311」


Download(MP3) / Youtube / SoundCloud
@anti-copyright 2012 この楽曲は著作権フリーです。私用/商用問わずご自由にご利用いただけます。

この楽曲は、地球の自転によって常に発生している極極超長波 (ELF) の周波数であるシューマン共鳴波をベースにつくられています。第1次(7.83Hz)第2次(14.1Hz)第3次(20.3Hz)のそれぞれの共鳴波が、バイノーラルビートという音響技術によって再生されます。スピーカーに対して聴く位置によって様々なうねりが現れ、またヘッドフォンで聴くことにより脳が直接にこの「地球の音」に同調し、深いリラックス効果が得られるとされています。

このシューマン波のうねりをベースに、純正律(中世教会音楽などで使用されていた、特に響きが美しい調律法)と、最も調和する完全5度を積み重ねたピタゴラス音階によってハーモニーが加えられ、クリアで瞑想的な音像を追求しています。これは、この曲を聴く人々に、地球そのもののリズムと調和するような、深く透明な安らぎを感じていただければ、という想いが込められています。

今回「いち@311」では、宗教を超えた透明で普遍的な「祈り」の式典、そしてイデオロギーや言葉の衝突を超えて新たな調和の次元を探求するための「沈黙を分かちあう」サイレントパレードが行われます。このコンセプトを、まさに言葉や概念だけのものではなく、実際に空気を振動させ、参加される皆さんを包み込む「体験」として共有するために、この楽曲が制作されました。

サイレントパレードでは、この楽曲で使用されているピタゴラス音階を分解し、3台のサウンドカーそれぞれに個性を持った響きのバリエーションが配分され、DJ、ミュージシャン、詩人たちのライブパフォーマンスとミックスされます。パレード参加者は、自分の好きなサウンドカーの響きに自由に飛び込み、声や楽器で自由にセッションを楽しむことができます。

また、3台のサウンドカーが次々に通り過ぎていく様子は、それぞれの個性を表現しつつも高い次元で調和した響きが、ゆっくりと変化しながら大きなうねりとなって街を包み込むサウンドスケープとして感じられるでしょう。

曲名の「Inori Eclipse 311」は、この曲をシドニーで作曲した時がちょうど月蝕の夜だったことに由来します。この曲は静かに欠け、また満ちていく不思議な月蝕の光に包まれながら、ほぼ一夜のうちに完成しました。

Kiyo
Artist : Kiyo Nakano
昼はWebデザインの仕事に就く傍ら夜は音楽を制作したり。有機農法や次世代エネルギーに関心を持ち、生活の中にヨガを取り入れている。横浜生まれの横浜育ち、鎌倉をこよなく愛する。現在はオーストラリア人の妻と生まれたばかりの息子とシドニーに在住。放射能と地震の影響を避けるために一時的に日本から離れているが、心はいつも日本にあり、震災で傷ついた日本の復興と、311以降生まれつつある日本の新しい未来の創造に参加していきたいと願っている。次世代エネルギー、有機農法、安全な食物に関するプロジェクトにも参加。日本とオーストラリアをつなぐ架け橋として活躍中。 FaceBook



サイレントパレード参加アーティスト

Ambient Mix:


NaosisoaN
[Facebook] [Web] [Mix]
Naoshi Matsumura a.k.a NaosisoaN(Global Ambient Star)
光と音の研究家。 神奈川県相模原市、藤野在住。空間の響きと音の感触を大切にしたAmbientを基調とするFree StyleのDJ。時の魔法に魅せられ、時間芸術を探求中。 2011年3月11日の東日本大震災以降、祈りの波動、癒しの波動をより深く探求し始める。東京都内の屋内イベントや、関東/九州を中心にオープンエアパーティー、祭りに多数参加。 ソロ名義ではコンピレーションCD、Visionary Gathering 2008 for M.M.Delight『LOVE・LIFE・LIVE!!』に参加。 神奈川県相模原市の廃校で毎年行われる音と光の芸術祭「ひかり祭り」をオーガナイズ。すべては一瞬一瞬変化する。
Kauhi
[Twitter] [Facebook] [Web]
Kauhi
2003年ハワイのオアフ島ライエのロミロミマッサージスクリーニングにて、愛とともにいただいたハワイアンネームです。「地球上で迷わないように、道を照らす指標の星」という意味です。ライアテア島・イースター島・久高島・アイルランド・エジプトなどのエネルギーを通って、イオヒーリングを展開する北海道男児。
wa-no
[Twitter] [Web][myspace]
○TWA○

いったい ぜんたい なんなんだ○
だれが なにを どこで どうして こうなった?
大きな森に 遊びにきたと 思ったら ぐんぐん 植物伸びだして しまいにゃ つつみ込まれてしまったよ○
そして 気づけば ここはどこ?どんなジャンル?の質問にゃ、張り切って応えるさっ!!Unclassifiable!! 飛び越え、飛び出せ、どこまでも○
どうぞ よろしくおねがいします○
Wa-no(untun)Tossy(chilmaunten)ありひるあ(・ArihiruA・panpakasaRecord)三人称からなりたつ音○

 

Voice Performance:


原田夏美
[Twitter] [Web] [myspace]
原田夏美
1978年福岡県生まれ。13歳でブラックミュージックに出逢い音楽を志す。高校生の頃よりボイストレーニングを始め、1997年本場のゴスペルにふれる為、シアトルに留学。帰国後、福岡市内でライブ活動を行い東京に上京。2002年e-smart recordingより"still in love"をリリース。自主制作のミニアルバム"空中遊泳"に収録した"Mishell"が、映画「ひねくれ緑と星のパン」のエンディングテーマに起用される。2008年コンセプチュアルユニット、ALMOAを結成。"Chapter1"をリリース。
谷崎榴美
[Web]
谷崎榴美
1984年和歌山県出身、おうし座B型。魔女。 大学で芸術を学んだ後、東京・大阪二拠点でヒーリングサロンALRAUNEを開設。「夢と希望のオカルティックオーバーライターズ団RAMIPAS」主催者。現在は各種魔術結社に籍を置きつつ現代魔術・エクレクティック魔女術実践研究家として執筆活動を行っている。

※アーティスト情報は予定です。都合により変更となる場合がありますのでご了承下さい。
※アーティスト情報は随時更新します。




TOP | いち@311について | 有機生活マーケット | 献花式典 | サイレントパレード | 関連イベント
地球が回転する音・シューマン共鳴サウンド | アートインスタレーション | アフターパーティ
メッセージ:沈黙の儀式について/黒田晶 | プレスリリース(日本語)| Press Release (English) |
協賛団体 | お問い合わせ | 「いち」ウェブサイト